2012年4月2日月曜日

Chromeでプロファイルを開けない問題(解決しました)

Chromeを立ち上げると

「プロフィールを開くことができませんでした。
 一部の機能をご利用いただけない可能性があります。
 プロフィールが存在し、そのコンテンツへの読み書きが
 許可されていることを確認してください。」
のメッセージが出てくる問題の続き。

ようやく解決しました。
OSはUbuntuで症状が出ましたが、原因は
Googleが持っている履歴データに問題があって、
Chromeが終了しなかったみたいです。

対応法としては、Googleのアカウントに入って、
1. Chromeとの同期を一旦停止して、
2. ウェブの履歴を全削除、
再びChromeでログインして同期をしても問題は出ませんでした。

ただ、Googleの設定ページが分かりづらい。
ほんと大丈夫かな?

自分が試した方法です。
それぞれの意味をよく分からずに行ってますので、自己責任でお願いします。

0) ChromeでGoogleアカウントを切断しておく。

必要か分かりませんが、下記作業中は切断してました。

1) アカウントの概要ページに入る。

Googleのページから入る方法が見つかりません。
下記URLをクリックすると入れる、はず。

2) Chromeとの同期を一旦オフにする

左のメニューにある「プロフィールとプライバシー」をクリック。
一番下にある「Googleプライバシー」の「ダッシュボードにログイン」をクリック。
下にスクロールしてゆくと「Chrome Sync」の項目があるので、
同期を停止しGoogleからデータを削除する」をクリック。
何か言われるので、同期を停止。

数分ほど時間がかかると言うので、少し待つ。

3) 次はウェブの履歴の削除

再び1)アカウントの概要ページから、
一番下にある「ウェブ履歴を見る」をクリック。
一番上にある「ウェブ履歴をすべて削除する」をクリック。

4) Chromeを立ち上げて同期を開始。

何度も閉じたり開いたりして、問題ないのを確認。


書いていて思ったのですが、
URLやボタンの位置はいつ変わってもおかしくない、
解決法もすべてを試す必要はない、
と思いますが、何かの参考になれば。

【追記:2012年4月20日(金)】
このブログを書いてから2週間ほどして、再び同じ問題が起こりました。
同じ手順で一旦治っても、すぐ再発します。

結局、Chromeの設定で、
個人設定>ログイン・詳細>同期するデータタイプを選択
から「アドレスバー履歴」のチェックを外して、「OK」
としたら、また治りました。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

通りすがりで失礼。
自分も同じ状態になりました。

自分の場合は、chromeを終了してもタスクマネージャ上にchrome.exeが残っていたため、
この残っていたタスクを終了してchrome再起動したら治りました。

Asao Kamei さんのコメント...

動いて当たり前と思っているブラウザーで支障が出てあせります。直ってよかったです。