2009年11月6日金曜日

文化の日ライド、92.3km

文化の日11月3日のポタリングの話です。今年一番の寒さの中、腰のコルセットに完全冬装備で出発。

まずは多摩サイを遡上。

寒いとはいえ人の多い多摩サイ、さっさと脇の道に下りて走ることにしました。休日は、こっちのほうがストレス無くて楽ですね。

国立の折り返し地点で、ひとりのサイクリストが話しかけてきました。

*  * * * * * * * * *

次のバイクにウィリエールを考えているということで、モルティローロを眺めては「いいバイクだね」といってくれました。その人のバイクはコルナゴのスチール!

なんと25年物で塗装をしなおして、79デュラを載せてます。
ラグはもちろん、シートクランプひとつとってもロゴが入り手作り感がたっぷりの美しいバイクです。

「でも重いんだよね~」
ということで最近の軽いカーボンに興味を持っているそうです。ちなみに10kgぐらいだそうです。自分のモルティローロが8.4kgなので、少し重いぐらい?
チェントがお気に入りということで、ポジティーボで見られますよと宣伝しておきました。

その後もその人の知り合いがやってきて話が弾み、結局一時間ぐらい話し込んだのではないでしょうか?楽しいひとときでした。

*  * * * * * * * * *

さて、出発。
何も考えずに多摩川を更に遡上。

そういえば、これからどこへ?と聞かれて、
「浅川CRを通って高尾に」
と答えたのを思い出しました。

え~と、浅川って、戻らないと入れないじゃないですか。
すっかり忘れてた。

ま、いいや。このまま遡上を続行。
相変わらず適当に多摩サイから降りては一般道を走ります。

福生南公園まできて、久しく秋川CRを走ってないことを思い出した。

*  * * * * * * * * *

前回、秋川CRを走ったときは水没していて、それから2年以上経ってます。時が経つのは早いなぁ。つうか、ロードバイクがきてから2年近くも経っているんだ。

相変わらずポタリングに最高の秋川CR。
まるで田んぼの中を走る農道と錯覚するような風景。
水面のすぐ横を走る感覚。

でも、細い道に、時々現れる階段。
そして舗装の上に土が積もって、水溜りのようになってます。

浅川CRには今までクロスバイクでしか来てなかったのですが、ロードバイクで走ると気になるところがあちこちに出てきました。やっぱりロードバイクだと舗装道路を走りたくなるなぁと確認した次第。
*  * * * * * * * * *

あきる野ICでUターンしましたが、CRを走る気にならず。
で、脇の道を迷いながら戻ることにしました。

農道らしき道に入ろうかどうか迷っていると、
「このまま先まで続いているよ」
とおばちゃんが教えてくれました。

そこから(一度だけ5段の階段がありましたが)田んぼの中を抜け、アップダウンを繰り返し、小さな鳥居を潜り抜けると、浅川が一望できる場所にでました(最初の写真)。

前に見たことあると思ったら、水没してたときに迷いながら走ったときに見つけた場所と同じでした。2年経って同じ道を逆走してたんですね。

後は人影の少なくなった多摩サイを通って帰宅。

2 件のコメント:

ゴンベドール さんのコメント...

寒い日にお疲れ様でした。
秋川CRのどかですね~
睦橋通りがどうにも好きになれないので、そそられます(笑)

odap さんのコメント...

いいですよ~秋川CR。
ゴンベドールさんのところからなら近くで、うらやましいです。あきる野ICから先も、上手につなぐと素晴らしいコースがあります。
http://www13.plala.or.jp/asyamaneko/